多重債務

 

多重債務問題

ローンは便利ですが、あくまでも融資・借入である以上、その困ったパターンである「多重債務」を語らないわけには行きません。

 

多重債務とは一般的に複数の相手、業者、機関から借り入れを行い、その毎回の返済額が膨らんだ結果返済が困難になっている状況を指します。返済できている状況でも多重債務と呼ぶことはあります。

 

契約条件にもよりますが、基本的な考え方として、借入は残り残高によって利子が決まってきます。あちこちに高額の債務を抱えている状態になると、その利子払いだけで返済能力を越えてしまい、仮に何とか返しても借入残高が一向に減らないという状態に陥るわけです。

 

債務が一本であれば返済額を大きくして残高返済の割合を上昇させることもできるのですが、多重返済が強いられる状況でそれは難しく、大体の場合が債務不履行直前になっています。

 

ローンの利用でこうした多重債務に至る道筋としては、まず収入を超えた額を借入してしまっていることがスタートであることは言うまでもないでしょう。いつか収入が改善するはずといった、願望混じりの予測でお金を借り入れてしまうと、返済の際に結局お金が足りず、別のところから借入を行なってその返済を凌ぐということが起きてきます。

 

当然ですが、発生した利子を含めた額で新たに借入をするのですから、総額としては増えていきます。一つのキャッシングの枠内で、返済を先送りするための新たなキャッシングも問題ですが、あるキャッシングの融資枠を使い切り、別のキャッシングで返済をするようになると、いよいよ危険信号です。

 

【ローン・キャッシングに関する参考サイト】
主婦でも借りれる金融・・・専業主婦の方でも利用可能な金融業者を紹介しています。